• 印刷する

首都の交通量は1800万台超、専門家が警鐘

インドネシアの首都ジャカルタの交通量は毎日1,800万台以上――都市整備の専門家がこのような数字を挙げ、増え続ける走行車両に警鐘を鳴らし、政府に早急な渋滞緩和策を求めている。これらの車両が全て同時に走行すれば、自動車の専有面積の合計が道路の総面積を上回って交通がまひする「グリッド・ロック」になると指摘した。21日付ニュースサイト『デティックコム』が伝えた。

都市構造整備分野を専門とする地域開発研究協会が21日、ジャカルタで開いたセミナーで、協会幹部のシャフリアル・ルタン氏が明らかにした。シャフリアル氏は「ジャカルタが直面する最大の問題は、道路が秩序なく混雑していること」と指摘。このために移動に長時間を要し、常軌を逸していると強調した。

ジャカルタの交通量は5年前から年平均5%以上も増えている一方で、道路の総延長は0.1%しか延びていないと説明した。走行車両の73%を二輪車、2割弱を自動車が占め、公共バスは2%以下にすぎないという。

セミナーには国家開発企画庁(バペナス)や運輸省、公共事業・国民住宅省などの政府関係者も出席した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ豚コレラ、国内で発生は確認されず(17:17)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援(08/23)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(08/23)

中銀が5.5%に利下げ、2カ月連続(08/23)

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相(08/23)

コンクリ大手、首都移転に備え工場建設計画(08/23)

北カリマンタン州に国内最大の水力発電所(08/23)

首都空港第4ターミナル、設計入札2社通過(08/23)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン