• 印刷する

省庁の物品購入、クレジットカードで透明化

インドネシアのスリ財務相は21日、すべての省庁に対し、物品を購入する際には国営銀行4行が発行したクレジットカードの使用を義務付ける方針を明らかにした。現金払いをなくすことで、支払金額や使途を明確にすることが狙い。同日付ニュースサイト『デティックコム』などが伝えた。

昨年に関連規定となる財務省出納局長令を公布した。国営銀行協会(Himbara)に加盟する、バンク・マンディリ、バンク・ラクヤット・インドネシア(BRI)、バンクネガラインドネシア(BNI)、バンク・タブンガン・ヌガラ(BTN)の4行が、各省庁の作業部門別にクレジットカードを発行する。

マルワント出納局長によると、クレジットカードの使用限度額は、各部門の予算規模に応じて5,000万~2億ルピア(約40万~約160万円)。3月までの試験期間に、500枚を発行する予定だ。

スリ財務相は「クレジットカード決済でキャッシュレス化を促進し、いつどこで何の目的で予算が使用されたかを明確にすることで、現金決済よりも不正取引を減らすことができる」と意義を説明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン