エプソン、AR・VRで地場大学と提携

セイコーエプソンの韓国法人、韓国エプソンは20日、明知専門大学とエプソンのスマートグラス技術を活用した拡張現実(AR)および仮想現実(VR)に関する事業協力で覚書(MOU)を交わしたと発表した。

韓国エプソンと明知専門大学はAR・VRコンテンツのソフトウエアや教材などを共同開発し、学生向けの教育プログラムと現場実習を実施する。

同校は18年度授業の開講に合わせてAR・VRソフトウエア教育センターを開設する。同センターでは2カ月間、エプソンのスマートグラスを活用したコンテンツ制作実習など、80~120時間の教育プログラムが実施される。

韓国エプソンは「第4次産業革命時代に入り、AR・VRコンテンツが生活全般に大小の変化をもたらす中、今回のMOUを機にエプソンのスマートグラスを活用できる産業分野が多様化することを期待する」とコメントした。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前は夜に散歩をしてい…(05/23)

民間シンク、経済は下降局面 政府判断と差開く、専門家懸念も(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

現代自動車グループ、再編計画を撤回(05/23)

現代自、リムジン新型モデルの内・外装公開(05/23)

韓国企業、スト起こした労働者を閉め出し(05/23)

4月の生産者物価指数、1.6%上昇(05/23)

若年層雇用関連の補正予算、国会で議決(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

雇用問題、懸念払拭に努める大統領府(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン