• 印刷する

エプソン、AR・VRで地場大学と提携

セイコーエプソンの韓国法人、韓国エプソンは20日、明知専門大学とエプソンのスマートグラス技術を活用した拡張現実(AR)および仮想現実(VR)に関する事業協力で覚書(MOU)を交わしたと発表した。

韓国エプソンと明知専門大学はAR・VRコンテンツのソフトウエアや教材などを共同開発し、学生向けの教育プログラムと現場実習を実施する。

同校は18年度授業の開講に合わせてAR・VRソフトウエア教育センターを開設する。同センターでは2カ月間、エプソンのスマートグラスを活用したコンテンツ制作実習など、80~120時間の教育プログラムが実施される。

韓国エプソンは「第4次産業革命時代に入り、AR・VRコンテンツが生活全般に大小の変化をもたらす中、今回のMOUを機にエプソンのスマートグラスを活用できる産業分野が多様化することを期待する」とコメントした。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

KT、「5Gバス」でキラーコンテンツ公開(14:15)

テイクオフ:ソウル市の教育庁が、先…(01/17)

玄関錠に「顔認識」本格導入 地場FiveGT、市場を開拓(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

日産に課徴金、燃費と排ガス表記で不正か(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

現代モービス、自動運転車向けランプ開発(01/17)

EGCO、韓国パジュエナジーへの出資完了(01/17)

ファーウェイ、韓国に初スマートウオッチ(01/17)

KB金融とLG、ブロックチェーンで提携(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン