• 印刷する

テイクオフ:北京では今年の春節(旧…

北京では今年の春節(旧正月)から、市街地での花火・爆竹が禁止になった。大みそかに当たる15日の夜、「パパパパン」「ヒュー、ドン」といった新年を祝う音は、当たり前だがまったくしなかった。

お隣の天津では一昔前、春節大みそかともなると、高層ビルの窓から180度見渡す限り、花火が上がり続ける光景を見られたらしい。北京も同じだっただろう。私も2014年に初めて北京で春節を過ごし、「胡同」と呼ばれる路地の中にある入り組んだ共同住宅「大雑院」の一角で、にぎやかな音を耳にした。屋上から見ると、大雑院内の幅1メートルあるかないかの通路で次々と爆竹が放たれていて、火事になりやしないかとハラハラしたものだ。

花火の代わりか、今年は花火の映像で壁面をライトアップしているビルを市内で多く見かけた。それはそれで美しいが、やっぱり少し、味気ない。(天)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(14:53)

商務省「影響を注視」、米国防権限法成立で(16:05)

商銀の不良債権比率、6月末は1.86%(14:56)

飛思達、香港にR&Dセンター開設検討(17:02)

テイクオフ:杭州湾をまたぐ世界3位…(08/14)

西江の水を大湾区に 送水管113キロ整備、香港供給も(08/14)

米国産大豆へ追加関税で懸念 高い依存度、輸入元分散で対処(08/14)

「本土からの生産移転は必至」、専門家警鐘(08/14)

ラビダが9カ月連続首位、7月のセダン販売(08/14)

中国人民元下落でコメ輸出による貿易収入減(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン