• 印刷する

テイクオフ:今年のバレンタインデー…

今年のバレンタインデー、あなたは大好きな人からチョコをもらいましたか?

福岡県飯塚市のチョコレートショップ「カカオ研究所」は、豆から焙煎してつくる「ビーン・トゥ・バー」の専門店。ベトナムのカカオ農園の技術支援に取り組み、3年前から毎年、カカオの木のオーナー権をクラウドファンディングで募集している。今年は南部ビンフオック省のカカオ農家と契約し、栽培から発酵まで一貫して管理し、良質の豆を生産する計画。1年の半分はベトナムにいるという中野利美所長は、現地にチョコレート工房を設け、年間20万円ほどというカカオ農家の収入を引き上げたいと意気込む。

その熱意に惚れ込んで自分もカカオのオーナー制度に申し込んだ。今秋には農園で収穫された豆を使った新鮮なチョコが手元に届く。落ち葉のころ、季節はずれのバレンタインを楽しみたい。(夏)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

原油価格、半年は低調推移 経済は2Qが底、MUFG予想(06/02)

コロナで採用の凍結や募集減 「既に実施」3割、日系企業調査(06/02)

冷蔵設備サンデン、現法が本格始動(06/02)

上場企業の赤字1兆円超、コロナ・株高に危うさ(06/02)

〔政治スポットライト〕日本、豪NZ訪問者の早期受け入れを計画(06/02)

防衛関連受注にサイバー攻撃影響なし=三菱電機(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン