• 印刷する

テイクオフ:今年のバレンタインデー…

今年のバレンタインデー、あなたは大好きな人からチョコをもらいましたか?

福岡県飯塚市のチョコレートショップ「カカオ研究所」は、豆から焙煎してつくる「ビーン・トゥ・バー」の専門店。ベトナムのカカオ農園の技術支援に取り組み、3年前から毎年、カカオの木のオーナー権をクラウドファンディングで募集している。今年は南部ビンフオック省のカカオ農家と契約し、栽培から発酵まで一貫して管理し、良質の豆を生産する計画。1年の半分はベトナムにいるという中野利美所長は、現地にチョコレート工房を設け、年間20万円ほどというカカオ農家の収入を引き上げたいと意気込む。

その熱意に惚れ込んで自分もカカオのオーナー制度に申し込んだ。今秋には農園で収穫された豆を使った新鮮なチョコが手元に届く。落ち葉のころ、季節はずれのバレンタインを楽しみたい。(夏)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、自宅の最寄り駅に…(12/20)

日本支援で車整備士育成 ヤンゴンに訓練学校建設へ(12/20)

5G「日本製見直し機運」、富士通社長(12/20)

ワタベ、リゾート挙式を拡大 22年までにダナンで500組目指す(12/20)

台湾人の北海道訪問増を応援 日ハム移籍の王柏融、経済効果大(12/20)

日産ルノー連合が協議継続、初日は協業巡り議論(12/20)

日本プラスト、ビンフック省に子会社(12/20)

日系企、豪石炭権益見直し進行 一般炭は放出、原料炭は維持(12/20)

ドンキ、来月にインド人街で3号店開業(12/20)

ベア実質3千円以上要求へ、全トヨタ労連(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン