テイクオフ:今年のバレンタインデー…

今年のバレンタインデー、あなたは大好きな人からチョコをもらいましたか?

福岡県飯塚市のチョコレートショップ「カカオ研究所」は、豆から焙煎してつくる「ビーン・トゥ・バー」の専門店。ベトナムのカカオ農園の技術支援に取り組み、3年前から毎年、カカオの木のオーナー権をクラウドファンディングで募集している。今年は南部ビンフオック省のカカオ農家と契約し、栽培から発酵まで一貫して管理し、良質の豆を生産する計画。1年の半分はベトナムにいるという中野利美所長は、現地にチョコレート工房を設け、年間20万円ほどというカカオ農家の収入を引き上げたいと意気込む。

その熱意に惚れ込んで自分もカカオのオーナー制度に申し込んだ。今秋には農園で収穫された豆を使った新鮮なチョコが手元に届く。落ち葉のころ、季節はずれのバレンタインを楽しみたい。(夏)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス事業家百人の紹介データ、後編を発表(05/21)

【書籍ランキング】5月3日~5月9日(05/21)

ダイキン、エアコン工場稼働 20年までに年間100万台生産へ(05/21)

JICA、洪水対策で提言 外郭環状放水路の優先整備を(05/21)

日系2社、相次ぎセダン発表 トヨタは「ヤリス」をインド初投入(05/21)

豪サイバー攻撃、教育が標的 26%で最多、IT部門上回る(05/21)

サンキョウホーム、京阪不動産とコンド開発(05/21)

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減(05/21)

イクシスLNGの費用、予算を80億$超過へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン