• 印刷する

18年新車販売は前年並み、自動車工業会予測

フィリピン自動車工業会(CAMPI)は、自動車輸入・流通業者連合(AVID)を合わせた2018年の新車販売台数が、前年並みの47万台超になるとの予測を示した。1月に施行された税制改革法(TRAIN)で新車物品税が引き上げられたものの、「前年割れはない」との見方だ。来年には、20年の目標である50万台を前倒しで達成できる可能性もあるとみている。19日付マラヤなどが伝えた。

ロメル・グティエレス会長は、新車市場はTRAINによる影響を受けているものの、下半期(7~12月)には回復していくとの見通しを提示。「控え目に見ても前年から横ばい、プラス成長の可能性もある」と述べた。

CAMPIとトラック製造者協会(TMA)の今年1月の販売台数は、前年同月比4%増の3万1,645台と、成長率は前年同月の28%から大幅に減速した。同会長は「17年が並外れていただけ」と指摘。今後は徐々に増税の影響が薄れていくほか、トヨタ自動車が政府優遇策「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムの認定車種である、小型セダン「ヴィオス」の新型モデルの現地生産を開始するなど、各社が投入する新型車が需要を喚起するとの見通しを示した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(13:28)

テイクオフ:糖尿病で数年前に右足の…(10/23)

業者向け美容品展示会を開催 約150ブランド、市場拡大に期待(10/23)

PEZA、優遇税率「7%」で妥協目指す(10/23)

首都圏の最賃、労組が日額700円上げ要求(10/23)

22日為替:$1=53.790ペソ(↓)(10/23)

グーグルが比に初の支援センター開設へ(10/23)

米ITコンサル、マニラ2カ所目の拠点開設(10/23)

カビテ貨物ターミナル、11月5日本格開業(10/23)

SMプライム、1~9月は17%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン