カンボジア人の海外渡航3割増、旅行代理店

カンボジアの旅行代理店大手VLKによると、2018年の春節(旧正月)に同社を利用して海外に出かけたカンボジア人は前年同時期比30%増の約400人だった。国内の富裕層が東南アジア域外の国を訪れる傾向が強まっている。クメール・タイムズ(電子版)が16日伝えた。

VLKのラブ・ヘン社長によると、今年の春節の人気渡航先は韓国、日本、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ、欧州。400~500米ドル(約4万4,000~5万5,000円)のパック旅行が売れたという。

地場旅行代理店スカイキング・トラベルでは、近隣の台湾やタイへの旅行客が増え、春節に29組を送り出した。一方、欧州や日本、中国、韓国などへの旅行は減少。寒さが影響したとみている。

観光省によると、17年のカンボジア人の海外渡航者数は前年比22.2%増の175万人だった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

国際金融公社、持続可能農業の仕組み構築へ(05/25)

アジア開銀、医療整備に3000万ドル融資(05/25)

日系集まる複合ビル正式開業 香港ランド、中間層の消費つかむ(05/25)

イオンモール、30日に2号店開業(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

首都に中国系経済特区、運営会社が発足(05/25)

台湾企業の投資、加工貿易から内需型に変化(05/25)

中国カセン、ストゥンハブで土地追加取得(05/25)

原油価格上昇へ対策、3省が委員会を設置(05/25)

鉱山での違法行為に厳罰、水質汚染事件受け(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン