• 印刷する

テイクオフ:シドニーにある公園のベ…

シドニーにある公園のベンチに座っていると、若い女性がやってきた。病院の施設拡充のための募金活動だと自己紹介するので、やや身構えた。

彼女が本当にその病院の募金活動をしているという確証はない……といぶかりながらも、ベンチで逃げることもできず、消極的ながら1口分の30豪ドル(約2,550円)を寄付した。領収書を受け取る際に必要というので携帯電話番号も教えた。

そんなことも忘れた頃、携帯電話に電話がかかってきた。クイーンズランド州の病院だという。先日の寄付に謝辞を述べた後、「実は別の施設もありまして……」と言う。要するに、さらに多額を寄付して欲しいとのことだった。

そもそも、その病院が存在するのかどうか、存在しても募金活動しているのかどうかは分からないまま。30豪ドルより、電話番号を「寄付」してしまったのが悔やまれる。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元のジュニア・バレー…(01/22)

今年の豪賃金、資源がけん引 大型プロジェクトが押し上げ(01/22)

石炭港で労組がピケ、ロックアウトに抗議(01/22)

〔政治スポットライト〕労働党、政府調達で地場企業利用義務付け(01/22)

電力網は熱波で限界、停電の危険=AEMO(01/22)

豪横断ガスライン、政府は採算性に疑問(01/22)

製造レマパックが破綻、ガス価格高騰で(01/22)

鉄道からトラックへの切り替え困難=大手企(01/22)

豪ジェットスター、乗客乗せすぎ判明(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン