• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでも電子商…

インドネシアでも電子商取引(EC)が盛んだ。以前なら「あんなもん、金払ったあと業者がドロンと消えてしまう」と偏見丸出しだったが、最近はちょくちょく利用させてもらっている。人間とは変わるものだとつくづく感じる。

特に利用することが多いのが旅行EC。特に航空券の購入で重宝している。最近は6月のレバラン(イスラム教の断食明け大祭)時期に合わせた帰省チケット探しが続く。ある夜ようやくお目当ての便を発見。銀行へ送金手続きをして航空券発行を待つも、反応がない。もしやついに業者がドロンしやがったか、とよからぬ考えが頭をよぎる。

翌朝、銀行で送金内容を確認したところ、夜は電子送金できないため、取引は未成立だったと説明を受ける。金融技術のインフラが未整備だのいろいろ言われるが、今回はそのおかげとホッと胸をなで下ろす。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(21:54)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(21:40)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン