バンドン高速鉄道、さらに遅れて24年完工も

インドネシア政府は、中国が受注した首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道事業の完工時期が、当初見込みからさらにずれ込む可能性を示唆した。一部閣僚は、2024年になるとの見方も示している。13日付ビスニス・インドネシア(電子版)が伝えた。

運輸省鉄道局のズルフィクリ局長は13日、全閣僚が出席した調整会議で、バンドン高速鉄道事業の完工が24年までずれ込む可能性があるとの見解で一致したと説明した。

ルフット調整相(海事担当)は、現時点で政府内で事業の評価を進めている段階とした上で、「完成時期は24年か、さらに延びる可能性もある」と述べた。

バンドン高速鉄道は当初、19年の完工が予定されていたが、用地買収が進まず20年にずれ込むと見られていた。


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

米ヒルトン、15軒の高級ホテル開業へ(02/24)

韓国GS建設、地場と合弁で住宅開発に参画(02/23)

神田外語大、ジャパンセンター開所へ(02/23)

ブカシの高速道で車両規制 来月12日から、首都方面のみ(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

ユーロカーズ、新マツダ車2種投入(02/23)

イナルム、年産100トンのアルミ工場建設へ(02/23)

首都の二輪車専用レーン廃止へ(02/23)

空港運営AP1、設備投資額は前年比2倍超(02/23)

バリ島など3港の工事業者決定、ペリンド3(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン