中国向け木材輸出拡大へ、8月解禁に期待

【共同】中国が柱や梁など建物の骨組みになる「構造材」として、日本のスギやヒノキ、カラマツの使用を8月から解禁することが13日、分かった。これらの建材の中国向け輸出が可能になる。現地は経済成長で活発な建築が続いており、日本の林業関係者は高品質の建材を売り込み、木材…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

軍民融合へ法令整理、足かせになるなら廃止(13:16)

安邦保険、法律違反で公的管理=保監会(15:59)

寧徳時代、海外展開を加速へ 急成長の車載電池大手(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

〔寄り道〕「新年快楽」「恭喜発財」――(02/23)

春節の小売売上高15兆円、前年比10%増(02/23)

ミャンマーと日本企業の意見交換会開く(02/23)

周大福、体験型店舗で若者集客へ(02/23)

世界の富裕都市、トップ10に北京と上海(02/23)

セリーヌディオンのブランド、香港上陸へ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン