【熱狂仮想通貨】膨張マネー、社会の歪み映す 格差社会が過熱あおる

「狂騒」とでも表現したくなるような宴の日々だった。2017年の世界的な仮想通貨ブームは韓国にも波及し、特に20~30代の若者の多くを熱狂の渦に巻き込んだ。情報技術(IT)大国という土壌だけでなく、高い失業率や格差の広がりといった深刻な社会問題から抜け出すための「光明」…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:低迷する飲食店を人気料…(01/23)

18年成長率は2.7% 6年ぶり低水準、今年も停滞恐れ(01/23)

18年訪韓外国人客数15.1%増、日本人けん引(01/23)

光化門広場を拡張、ソウル市が設計案公開(01/23)

昨年12月の生産者物価指数、1.0%上昇(01/23)

サムスンバイオへの粉飾問題、処分が保留に(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

ロト販売が03年以来最高に、景気低迷で(01/23)

不法滞在者が急増、最低賃金の上昇影響か(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン