電動二輪オキナワ、本年度の販売1万台視野

インドの電動二輪車メーカー、オキナワ・オートテックは、2017/18年度(17年4月~18年3月)の電動スクーターの販売台数を1万台と見込んでいる。ジーテンデル・シャルマ社長の話として、PTI通信が11日伝えた。

オキナワは15年の設立で、17年に製品の販売を開始したばかり。現在は「リッジ(RIDGE)」と「プレイズ(PRAISE)」の電動スクーター2モデルを展開している。

シャルマ氏によると、都市部での力強い需要が販売を支えている。販路拡大にも積極的で、現在の150店から、向こう3年で500店体制に拡充する計画という。

オキナワは、自動車展示会「オート・エキスポ2018」でリッジのリチウムイオン電池版と電動モーターバイク「オキ(OKI)100」の試作版をお披露目した。リッジは3月までに、オキは18年中に発売する予定だ。

オキナワ・オートテックがオート・エキスポに出展した「オキ100」の試作車=北部ウッタルプラデシュ州グレーターノイダ(NNA撮影)

オキナワ・オートテックがオート・エキスポに出展した「オキ100」の試作車=北部ウッタルプラデシュ州グレーターノイダ(NNA撮影)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:貧しいポーターが州政府…(05/21)

日系2社、相次ぎセダン発表 トヨタは「ヤリス」をインド初投入(05/21)

AP州、5年でEV関連に3000億ルピー誘致(05/21)

鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの過半数株取得(05/21)

米国の鉄鋼輸入制限、インドがWTOに提訴(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

NEC、物流合弁に分析高率化システム導入(05/21)

1〜3月のタブレット市場、レノボが首位(05/21)

第一生命、資産運用会社に約40%出資(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン