• 印刷する

電動二輪オキナワ、本年度の販売1万台視野

インドの電動二輪車メーカー、オキナワ・オートテックは、2017/18年度(17年4月~18年3月)の電動スクーターの販売台数を1万台と見込んでいる。ジーテンデル・シャルマ社長の話として、PTI通信が11日伝えた。

オキナワは15年の設立で、17年に製品の販売を開始したばかり。現在は「リッジ(RIDGE)」と「プレイズ(PRAISE)」の電動スクーター2モデルを展開している。

シャルマ氏によると、都市部での力強い需要が販売を支えている。販路拡大にも積極的で、現在の150店から、向こう3年で500店体制に拡充する計画という。

オキナワは、自動車展示会「オート・エキスポ2018」でリッジのリチウムイオン電池版と電動モーターバイク「オキ(OKI)100」の試作版をお披露目した。リッジは3月までに、オキは18年中に発売する予定だ。

オキナワ・オートテックがオート・エキスポに出展した「オキ100」の試作車=北部ウッタルプラデシュ州グレーターノイダ(NNA撮影)

オキナワ・オートテックがオート・エキスポに出展した「オキ100」の試作車=北部ウッタルプラデシュ州グレーターノイダ(NNA撮影)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

CPI上昇率、11月は2.33%に鈍化(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

10月の鉱工業生産指数、8.1%上昇(12/14)

エコカー補助金、第2期は来年4月見通し(12/14)

商用車アショク、イスラエル軍需企業と提携(12/14)

車の強制保険、個人事故補償を分離(12/14)

ごみ処理ブループラネット、インド企業買収(12/14)

NECが南部でスマート都市向け事業(12/14)

通信BSNL、昨年度は800億ルピーの赤字(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン