• 印刷する

マカオ国際空港、北側拡張部分の供用開始

マカオ国際空港の北側拡張部分が12日、正式に供用を開始した。

同空港を管理・運営するマカオ国際空港会社(CAM)によると、北側拡張部分の総面積は1万4,000平方メートルで、ボーディングブリッジ(旅客搭乗橋)1本、離れた場所の搭乗ゲート4基を新設した。供用開始により、ターミナルの年間旅客収容能力は780万人に拡大する。

旧正月(春節)の旧暦元日(2月16日)から5日間は、1日当たりの空港利用者が通常の平日に比べ5%増の約2万人に増える見通し。CAMは安全検査のゲート追加やスタッフの増員で対応する。

同空港では先に、初のマスコット「高高(GOGO)」が披露された。鳥とパイロットをモチーフにしたデザインで、頭についた羽は同空港のロゴから着想を得たという。


関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:平日の午後、ランタオ島…(11/14)

結婚関連支出が2年連続上昇 500万円超え、過去最高額に(11/14)

新鴻基系モール、4Qは35%増収へ(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

ネット通販のゴシップ、増資を獲得(11/14)

習主席が香港訪問団と会談、4つの要望(11/14)

大湾区参画で委員会を設立、マカオ政府(11/14)

アプリで身分確認、HSBCが中小向けに(11/14)

続伸、主力銘柄に買い戻し=香港株式(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン