シングテル、4帯域のCAで世界初の1Gbps

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は12日、スウェーデンの通信機器大手エリクソンのキャリアアグリゲーション(CA)技術を用いて、第4世代(4G)移動通信システム「LTE」で毎秒1ギガビット(Gbps)の通信速度を達成したと発表した。これにより、新たに権利を獲得した2,500メガヘルツ(MHz)帯を最大限に活用できるとしている。

声明によると、シングテルはFDD(周波数分割複信)方式とTDD(時分割複信)方式を組み合わせ、LTEの4帯域を同時に使うエリクソンのCA技術を使って、1Gbpsの速度での通信を実現。これは世界初という。

試験運用の成功を受け、シングテルは中心部のオーチャード・ロード、ラッフルズ・プレース、タンジョン・パガー、クラーク・キーなど特に携帯電話の通信量が多い地点で、新技術を段階的に導入していく方針。

1Gbpsの通信速度に対応したスマートフォンは今年下半期(7~12月)にお目見えする予定。また従来型の機種でも、最大2割程度の高速化が期待できる。

シングテルとエリクソンは次世代となる第5世代(5G)サービスの導入に向け、技術提携している。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:窓から真っすぐに伸びた…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

マハティール新政権の動向注視 二国間関係の行方、専門家に聞く(05/23)

金融庁、日本との通貨スワップ協定を改定(05/23)

株価反落、ベンチャーコープは2.7%安(05/23)

保健庁、医療機器の登録制度を緩和(05/23)

車内カメラの搭載、6月から新ガイドライン(05/23)

SIAと米ポインツ、マイル交換で提携(05/23)

ブレッドトーク、中国の紅茶ブランドと合弁(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン