• 印刷する

レクサス、旗艦セダン「LS500」を投入

トヨタの高級車ブランド「レクサス」は12日、セダン「LS500」新型モデルをインドネシア市場に投入すると発表した。既に予約を開始している。旗艦モデルであるLS500の投入により、昨年好調だった高級スポーツタイプ多目的車(SUV)と合わせて、国内の高級車市場での存在感を高めていく。   

レクサス・インドネシアのエイドリアン・ゼネラルマネジャーによると、LS500は昨年のモーターショー「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)2017」で初めて公開した。2006年に発表した前モデルから12年ぶりのフルモデルチェンジとなる。LS500と、ハイブリッド車(HV)「LS500h」の2モデルを販売する。価格は明らかにしていない。

エイドリアン氏は「高級セダンを求める消費者にも、LS500の快適性や品質の高さに満足してもらえるだろう」と述べた。レクサス・インドネシアは昨年、高級SUV「RX200t」を前年比53%増の975台、排気量5700ccの「LX570」を90台、それぞれ販売するなど、SUVが全体の販売をけん引した。

フルモデルチェンジしたレクサスの高級セダン「LS500」(同社提供)

フルモデルチェンジしたレクサスの高級セダン「LS500」(同社提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:33)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

2月新車販売確定値3%減、小売りは5%減(04/03)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン