• 印刷する

日本格付研、債券格付けを引き上げ

日本格付研究所(JCR)は8日、インドネシアの債券格付けを「BBB―」から「BBB」に5日付で引き上げたと発表した。外貨建て長期発行体格付けは「BBBマイナス」から「BBB」に、ルピア建て長期発行体格付けを「BBB」から「BBBプラス」に格上げ。見通しも「ポジティブ」から「安定的」に変更した。

JCRは声明で格上げの理由について、◇経済政策パッケージ下で投資環境が大幅に改善◇民間投資が非資源部門を中心に増加◇直接投資の流入加速◇インフラ開発の加速などを挙げた。また中銀の金融システム安定化の政策によって、民間部門の対外債務が抑制され、対外ショックに対する耐性の強化が進んでいることも評価した。

中銀のアグス総裁はJCRによる格上げについて、中銀と政府がマクロ経済や金融システムの安定を維持する政策を実施してきた努力の結果と説明。「海外投資家からより高い信用を得られるようになるだろう」と期待を示した。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシア社とエンジン生産、斗山インフラ(17:10)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(15:36)

製薬カルベ、ミャンマーで22年に商業生産(14:40)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(12:56)

テイクオフ:日本映画の宣伝広告を海…(08/22)

QR決済の上限額を設定 1回200万ルピアに、中銀規定(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

ワッツアップ、モバイル決済事業参入を計画(08/22)

西ジャワ州とトコペディア、協力覚書を締結(08/22)

新首都に中銀とOJKは移転せず、開発長官(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン