韓国CJ、工場新設で加工食品の生産増強

韓国のCJ第一製糖が、ベトナムで建設中の新工場を中心に東南アジア全体に市場を拡大する戦略を掲げた。7日付ニューデイリーが伝えた。 ノ・ウンホ代表によると、新工場は7月ごろに完成する予定。年に加工食品6万トンを生産できるようになるという。それによりベトナム内の生…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

トヨタ、11月の販売数は11%減の6600台(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

現代タインコン11月の販売、19%増の7600台(12/12)

HCM、物流センター開発の基本計画起草へ(12/12)

車フィルムのハイクール、越で首位目指す(12/12)

日建シビル、HCM市カンゾー開発の計画案(12/12)

フーミーフン、高級SSR第1期引き渡し(12/12)

HAGL、水力発電事業から撤退へ(12/12)

韓国DK&D、越工場の不織布ライン増設(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン