• 印刷する

センサーの亜迪、日本の介護・医療市場開拓

戦略提携の調印式に臨む、亜迪の周育良董事長(中左)やエムモビリティの安藤国威取締役(同右)ら関係者=6日、新北(中央通信社)

戦略提携の調印式に臨む、亜迪の周育良董事長(中左)やエムモビリティの安藤国威取締役(同右)ら関係者=6日、新北(中央通信社)

モノのインターネット(IoT)と人工知能(AI)を融合した「AIoT」関連の機器やセンサーを開発する亜迪電子(ADEテクノロジー)は6日、ICT(情報通信技術)ソリューションを手掛けるエムモビリティー(東京都文京区、MMB)と提携し、日本の介護・医療市場に進出する計画を明らかにした。

亜迪電子が開発した非接触温度センサーや熱感知センサー、サーマルカメラ(熱感知カメラ)などを駆使し、対象者にセンサーの存在を意識させることなく情報収集できるソリューション「ヘキサグラム」を、MMBが日本の介護・医療機関に導入する。

具体的には高齢者施設や病院で入居者(入院患者)のベッド周りにこれらのセンサーを配置し、動きや呼吸を24時間検出。クラウドを通じて介護者とデータを即時共有し、介護者や医療従事者の負担を軽減するのが目的という。導入に当たってMMBは、ヘルスケア機器や「病院のホテル化」事業を手掛ける関連会社のホスピタルネット(東京都文京区)と連携していく。

MMBは、デジタルサイネージや電子レジスター、POS(販売時点情報管理)システムなどを手掛けるTBグループの傘下企業。過去に、日本の飲食店へデジタルサイネージを設ける際、亜迪電子の技術を導入した前例があり、新たな提携につながった。MMBの担当者はNNAに対し「亜迪電子は製品単一ではなく、センサー、レーダー、カメラ、ソリューションなどをトータルで研究開発している点が優れている。日本の介護・医療現場で実績を積むことができれば、他の国・地域にもシステムを販売していきたい」と述べた。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

台北にアジア初のキンプトン 個性派高級ホテル、来年は東京にも(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

経営危機の緑能科技、債務超過で上場廃止へ(03/22)

ASUSのスマホ事業、18年は120億元の損失(03/22)

エイサー、18年の純利益は前年比9%増(03/22)

12歳以上の市民、18年は86.5%がネット使用(03/22)

南亜、12.3億元でポリ系剥離フィルムの生産増強(03/22)

高雄仁武産業園区、航空宇宙産業の集積地に(03/22)

七休一の輸送業例外規定、労働部が廃止検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン