韓越特許庁が提携、企業の特許取得を迅速化

韓国特許庁のソン・ユンモ長官は16日、ベトナム知的財産庁のディン・フー・フィー長官などと会談した。韓国企業によるベトナムでの特許取得の迅速化と、知的財産権保護環境の改善に向けた合意を行った。

両国は特許分野において「韓越特許審査ハイウエー(PPH)」を施行することで合意。これは韓国特許庁で「特許可能」と判断された出願について、ベトナムでも韓国の審査結果を活用し迅速な処理を行うという内容だ。韓国企業による、ベトナムでの迅速な特許取得が可能となる。

さらに、著作権保護の目的で「韓越IP協議会」を発足。ベトナム側からは市場管理局や税関、公安、韓国側からは特許庁と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)IPデスクといった、知的財産権侵害の取締機関が参加し、定期的に連絡を取り合う。またベトナムの特許行政の情報化システム改善事業において、韓国特許庁が支援することについても合意した。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

現代自の1月販売、3%増の2903台(20:44)

韓国GS建設、地場と合弁で住宅開発に参画(20:25)

サムスン電子、華城工場に新ラインを新設(18:24)

昭夫氏の株式保有率が4%に、ロッテHD株(18:25)

サムスンバイオ、第3工場で初受注に成功(18:50)

韓国GM、ベア凍結とボーナス不支給か(18:50)

日本産木材、構造材に高需要 木造建築の増加が後押し(02/23)

17年末の家計負債が過去最大、8.1%増(02/23)

韓銀総裁、日本との通貨スワップに関心(02/23)

起亜自動車、インド工場の初出荷は19年3月(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン