• 印刷する

三菱自動車、EV普及へ商工省と共同研究

三菱自動車は15日、ベトナムにおける電気自動車(EV)の普及拡大に向けた覚書を商工省と締結した。商工省と協力して効率的なEV利用、政策やインセンティブに関する共同研究を行う。

同日ハノイで開かれた締結式典では、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」1台と急速充電機1台が引き渡された。チャン・トゥアン・アイン商工相は、「共同研究は、低炭素社会への移行を促進するための非常に重要なマイルストーン」と語った。

三菱自はベトナム以外に、フィリピン、インドネシアの両国と電動車の普及拡大に関する覚書を締結し、フィリピンでは既に共同研究をスタートさせている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(21:56)

【コロナを超えて】ヤマト、提案力で供給網確保 非接触の引っ越しなど新たな挑戦(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

北部高速の道路連絡拡張、運輸省が予算要請(09/23)

ザインコイ、中部と南部で相次ぎ不動産買収(09/23)

LGの越法人、家電販売好調で売上大幅増加(09/23)

テーゾイジードン、1~8月は増収減益(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン