現代自が東南アジア戦略加速 工場設立を検討、主力市場不振で

韓国の現代自動車が東南アジア戦略を加速させる。このほどベトナムとインドネシアに生産工場を設立する方向で検討に入った。シンガポールの配車アプリ大手グラブに投資して、電動車両とヒトの移動全般にかかわる「モビリティーサービス」分野でも現地での存在感を高める。中国と米…

関連国・地域: 韓国タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:時給400円――。10…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

韓国政府、大企業と協力強化へ懇談会開催(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

韓国GSが越で整備士教育、潤滑油PRも(07/18)

業成、サムスンから超音波指紋認証パネル受注か(07/18)

サムスン電子、新型DRAM量産へ(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン