現代自が東南アジア戦略加速 工場設立を検討、主力市場不振で

韓国の現代自動車が東南アジア戦略を加速させる。このほどベトナムとインドネシアに生産工場を設立する方向で検討に入った。シンガポールの配車アプリ大手グラブに投資して、電動車両とヒトの移動全般にかかわる「モビリティーサービス」分野でも現地での存在感を高める。中国と米…

関連国・地域: 韓国タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

セルトリオン、豪州で血液がん薬の販売承認(04/20)

化粧品ODMが急成長、生産能力を増強(04/20)

斗山、ミャンマーから掘削機68台受注(04/20)

医療目的の外国人観光客、初めて減少(04/20)

現代自が中国で新車2種投入 復活の鍵握るSUV(04/20)

新車総市場、1Qは8%減の9.6万台(04/20)

現代自が循環出資を解消、モービスを分割(04/20)

現代モービス、米国で自動運転車テスト走行(04/20)

環球晶円、480億円で韓国12インチ工場拡張か(04/20)

5G自動運転プラットフォーム、KT開発へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン