ユニリーバ現法、ハラル食品の輸出加速

食品・家庭用品大手の英蘭ユニリーバのフィリピン法人は、東南アジア諸国へのハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)食品の輸出を拡大する。需要が伸びるとみて、フィリピンを東南アジアおよびオーストラリア地域のハラルハブに育てたい考えだ。11日付ビジネスワールドが伝えた…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フェルディナンド・マル…(06/29)

首都圏のコロナ規制延長 7月15日まで、次期政権に持越し(06/29)

未接種の従業員、出勤時検査を一部免除(06/29)

外資規制リスト更新、3年半ぶり(06/29)

再エネ市場の自由化提言、経済開発庁(06/29)

格付け会社、比中銀の追加利上げ確実視(06/29)

比防衛企業、武器組み立てで米同業と提携(06/29)

闇サイトで個人情報売買、9億ペソ相当(06/29)

韓国造船海洋、比政府から警備艦6隻受注(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン