大気汚染規制に製造業苦悩 設備導入要求、日系も対応に奔走

中国で大気汚染が最も深刻な京津冀地域(北京市、天津市、河北省)は昨年までに、国務院(中央政府)が2013年に定めた「大気汚染防止行動計画」(通称「大気十条」)で掲げられた改善目標をそれぞれクリアした。厳格な規制、取り締まりの断行が功を奏したが、その裏では日系を含む…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

人民銀がLPR据え置き、5カ月連続(14:00)

テイクオフ:来週から始まる国慶節の…(09/21)

外資ブラックリスト規定発表 米の中国ITサービス制限に対抗か(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

9月の乗用車販売は8%増、業界団体予測(09/21)

電気利用手続き簡素化、1300億元の負担軽減(09/21)

中国系不動産企、シドニーに超高層ビル計画(09/21)

域内経済回復へ政策、日中韓ASEAN財務相(09/21)

〔政治スポットライト〕日米豪印、外相会談の10月東京開催で調整(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン