• 印刷する

テイクオフ:年末に訪れた台中市は、…

年末に訪れた台中市は、街の至る所でつち音が響いていた。高層ビルや台中捷運(台中MRT)の工事現場を見ていると、人口で高雄を抜いて台湾2位になった都市の勢いを感じる。

台中の未来の青写真を聞くため、市経済発展局の呂局長を訪ねた。おもむろに説明してくれたのは、先祖代々から受け継がれ、文化財に指定されている邸宅「篠雲山荘」。呂家は台中市の名家で「山荘には日本の著名人も訪れたことがあります」とうれしそうに語る姿に、親近感がわき緊張も和らいだ。

台湾人が「住みたい都市ナンバー・ワン」に挙げるだけあって、台中は緑が多く、住宅建設も進んでいる。ただ、タクシーがつかまりにくく、土地勘のない観光客にとっては交通が不便な印象も受けた。交通インフラが整備されれば、郊外の篠雲山荘にもたくさんの日本人がやって来るに違いない。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜の夕方に飛び込んで…(10/23)

台鉄事故原因はスピード超過 調査委発表、列車運行は部分再開(10/23)

18年の超大型パネル出荷量、京東方が群創超えへ(10/23)

台湾マイクロン副総裁、DRAM微細化加速(10/23)

中国企業のパネル人材獲得先、台湾から韓国に(10/23)

中油、95無鉛ガソリンで不合格品発覚(10/23)

製薬の康聯、「リリカ」関連2社を買収(10/23)

合一生技と上海海和、糖尿病創傷治癒薬を開発(10/23)

KYB、改ざん対象製品の台湾での流通を調査中(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン