• 印刷する

テイクオフ:台湾人にとっての新年と…

台湾人にとっての新年とはあくまでも春節(旧正月)。とはいえ新しい政策は区切りの良い1月1日から始めることが多い。

故宮博物院の入場料が元日から改定される。無料の対象を現在の就学前児童から18歳以下にまで広げる一方で、一般客は現在の250元から350元へと一気に100元値上げ。団体客も230元から320元になる。「コスト増に対応するため」というが、物価水準などからみるとやや割高な気も。

折しも故宮では現在、大英博物館所蔵のミイラ展を開催中。大英博物館が入場無料を貫く理由の一つは、「所蔵物は人類のもの」という考えだという。強奪した文化財を返還しないための詭弁と取る向きもあるが、故宮の所蔵物も、もとはと言えば台湾になかったもの。次の改定時には「台湾が預かった人類全員のもの」とうたって、入場料無料の紅包(お年玉)を用意してはいかが。(藏)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

岐阜県、県産製材を売り込み 海外初の常設展、ヒノキなどPR(11/16)

TSMC3ナノ新工場、環境アセス判断先送り(11/16)

合晶が上海工場移転へ、現地政府の要請受け(11/16)

モジュールの聯徳、桃園に工場建設(11/16)

威盛電子、3D撮影技術で米国新興企業と提携(11/16)

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(11/16)

年興、アフリカ・レソト新工場は19年稼働(11/16)

昇降機の崇友、東南アジアへの進出検討(11/16)

台中でアウトレット増加、19年は3施設に(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン