中国昆山の操業停止令は中止 環境規制は強化、企業も対策急ぐ

中国の江蘇省昆山市人民政府が今月24日、水質汚染の改善を目的に台湾系企業をはじめ同市の製造業270社を対象に約半月の操業停止を命じた緊急通知は、26日夜に同市政府が「まだ実施ではない」と発表したことで、いったん中止となった。ただ中国中央政府が環境保護に本腰を入れる中、…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

【台中特集】「台中から台湾を変える」 改革派の林佳龍市長、2期目に自信(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

化粧品大手のササ、台湾市場から撤退(02/23)

17年のスマホ販売台数、前年比1割減の733万台(02/23)

産業用PCの神基、欧州の売上高を5年で倍に(02/23)

スマホ使用時間、「毎日5時間以上」が28%(02/23)

裕隆電能、高雄に初のEV充電設備(02/23)

台プラ越製鉄所、地場企業からの出資受け入れ(02/23)

1月の電動自転車の輸出台数、同月の最高更新(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン