• 印刷する

三谷商事、固定用シール材販売KLTを買収

三谷商事(福井市)は26日、シンガポールの産業資材商社KLTグループを14日付で買収したと発表した。

完全出資子会社の福井ビジネスデベロップメント(東京都杉並区)を通じて、同グループの全株式を取得した。買収額は明らかにしていない。

同グループは、ガスケットと呼ばれる固定用シール材の輸入、販売を手掛けており、シンガポールでは高い市場シェアを誇る。パイプや配管の継ぎ目に使用し、内容物の漏れや異物混入を防ぐもので、シンガポールを中心に東南アジア各国の石油・ガス、化学、医薬、食品、船舶業界向けに加工販売している。将来的にプラント向けなどのガスケット需要が堅調と見込まれることから、同グループの買収を決めた。

同グループはコン・リエン・トレーディング・カンパニー、サンテック・シーリング、コン・リエン・マリンの3社から成り、それぞれ石化、医薬品・食料品、船舶といった異なる販路を持つ。

三谷商事は、東南アジアや北米などで新規事業開拓を進めている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: その他製造天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

輸出が2年半ぶりの下げ幅 3月12%減、半導体業界不振で(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

米IBM、メインフレーム製造をNYに移管(04/18)

アジアの通信環境、シンガポールが首位(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン