• 印刷する

テイクオフ:今年も残すところわずか…

今年も残すところわずかとなった年の瀬。通りではニューイヤーに向けて大量の花火や爆竹、紙製のおもちゃのトランペットが売られ始めた。当地の風物詩ではあるが、日本のそれとはずいぶん雰囲気が異なり、あまり年末の実感が湧かない。

日本では一大イベントとして街全体が浮き足立つクリスマスも、ムスリムの多いジャカルタでは他の休日とそう変わらない。そう思っていたら、年季の入ったギョーザ店でも、不意にクリスマスソングが流れだし、はっとした。昨年は定番の花火とバーベキューで年を越したが、今年は何をしよう。

帰国する人や近隣国のリゾートへ出掛ける人が多い中、国内にとどまるのは少数派かもしれないと思うと少し悔しい。久々に話す日本の友人が電話の向こうで「寒い、寒い」と繰り返すのを聞いていると、苦手だったはずの冬の年越しが少し恋しくなった。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン