首都空港鉄道が試験運行開始、都心へ1時間

インドネシアの首都ジャカルタ中心部とスカルノ・ハッタ国際空港を結ぶ、空港鉄道の試験商業運行が26日に始まった。来年1月2日に予定している正式運行開始までの1週間は、運賃を3万ルピア(約238円)とする。試験運行期間は空港駅―バトゥ・チェペル駅―中央ジャカルタのスディルマンバル(BNIシティー)駅を1時間弱でつなぐ。

1日当たりの運行本数は約42本で、スディルマンバル駅発の始発は午前3時51分、終電が午後9時51分。切符販売機では主要銀行のデビットカードが使用できる。オンラインでも購入可能。正式運行後の運賃は7万ルピアの予定。

空港鉄道事業を手掛けるレイリンクのヘル社長は26日夕方、「運航本数もまだ少ないが、初日の利用者数は約1,000人になる見込みだ」と述べた。

空港鉄道のスディルマンバル駅。テナントスペースなどは工事中=26日、ジャカルタ(NNA撮影)

空港鉄道のスディルマンバル駅。テナントスペースなどは工事中=26日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:遊びに来ると言っていた…(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

国内最大オートショー、37ブランドが出展(05/23)

医療法人の偕行会、医療観光客の誘致強化(05/23)

南スマトラ州パレンバンのLRTが試運転(05/23)

西ジャワ州の新国際空港、24日に供用開始(05/23)

高速道路5区間、年内に入札実施へ(05/23)

支援船シロ・マリタイム、新船調達に63億円(05/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(317)(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン