3州遠隔地で再エネ事業、政府が電化加速へ

カンボジア鉱業・エネルギー省は、西部プルサット、南部カンダル、東部モンドルキリの3州で郊外の農家などに、太陽光、風力による小規模発電設備を整備し、電気を供給する新事業を始めた。再生可能エネルギーを活用し、遠隔地の電化率底上げにつなげる。クメール・タイムズ(電子版)が26日伝えた。

同省によると、初期段階の実現性調査の結果は良好で、事業の第一段階の採算性を確認した。太陽光、風力発電ともに設備は1台当たり200米ドル(約2万2,600円)で、1戸当たり60ワットまで供給できる。農家が設備を購入し、政府が半額を補助する。

同省のビクター・ジョナ長官は「事業の第2段階に向け、政府予算を確保し、開発援助パートナーを探している」と話した。

政府は2020年までに全ての村に電気を供給する方針で、新事業で取り組みを加速させる。17年の国内の住宅、商業発電施設の太陽光発電容量は28メガワット。風力発電は少量にとどまるが、同省は将来の可能性に期待している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

対タイ貿易150億ドルへ、作業部会設置で合意(02/23)

上場5社決算、特区社は増益 17年12月期、人件費増に各社苦慮(02/23)

〔寄り道〕「新年快楽」「恭喜発財」――(02/23)

絆フェスが開幕、来場者2.3万人見込む(02/23)

日本弁理士会、手工芸省などと交流会(02/23)

トラックの全長規定、首相が見直しの意向(02/23)

タイ企業が事業拡大に関心、商談会開催(02/23)

予算編成の過程、透明性高まる(02/23)

16~18年の国連開発援助、2.8億ドル(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン