インフラ投資に年3.6兆円 今後10年間、交通分野主体

香港では向こう10年の官民を合わせたインフラ事業費が年間2,500億HKドル(約3兆6,200億円)を超える見通しだ。交通インフラが主体で、新規事業が相次ぐ流れにある。巨額の資金が動くインフラ事業は今後も香港の経済を押し上げる原動力の一つとなりそうだ。 香港商報などが伝…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ無料検査を実施へ、希望者全員に(08/07)

新たなコロナ感染者89人、累計3938人に(08/08)

新たな感染者69人、累計は4007人(08/08)

1カ月で感染者2581人増 コロナ第3波、地場経済に痛み(08/07)

新規感染者95人、域内91人=累計は3849人(08/07)

外国人家政婦の感染、一斉検査促す(08/07)

公務員の在宅勤務、8月16日まで延長(08/07)

香港日清、1~6月は3割増益見通し(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン