ペリンド3、発電タービン修理の子会社設立

インドネシアの国営港湾運営プラブハン・インドネシア(ペリンド)3は来年、発電用タービン修理・メンテナンスを行う子会社を設立する。投資額は3,000億ルピア(約23億6,200万円)に上る見通し。19日付コンタン(電子版)が伝えた。 新会社は、独立発電事業者(IPP)や国営電…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内鉄鋼産業の稼働率、40~50%まで回復(15:51)

テイクオフ:ジャカルタでは新型コロ…(10/26)

【この人に聞く】オムニバス法で何が変わるか 悪評高い労働法、国際水準へ前進(10/26)

主要労組、24州で大規模抗議活動を計画(10/26)

首都の行動制限「移行期間」、8日まで延長(10/26)

3Q投資額、FDIが3四半期ぶり増加(10/26)

24年に世界最大ハラル生産拠点に=副大統領(10/26)

バリ島に新交通システム、INKAが覚書(10/26)

5連休でトラック規制、西ジャワの高速道(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン