• 印刷する

IT各社、政府に著作権法の保護拡大を要請

オーストラリア連邦政府がこのほど、著作権保護法の改正を行い、教育機関や図書館、障害者関連分野までセーフガードを拡大した。これを受け、米グーグルや地場IT各社は政府に対し、デジタル分野にも保護を拡大するよう求めているようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

セーフガード条項は、消費者が著作権侵害に抵触するコンテンツをアップロードした際に、そのコンテンツを提供しているサービス企業・機関を保護するもので、企業がそうしたコンテンツを消費者がアクセスできるプラットフォームから除外するための対策を取っていることが条件となる。現在はテルストラなどの通信各社は保護対象となっているが、商業的なオンラインサービス企業は含まれていない。

グーグルや米フェイスブック、地場IT各社は、消費者が作成するコンテンツを多く扱うことから、著作権保護に関する管理が難しく、政府に著作権侵害リスクからの保護を求めている。

一方で、コンテンツを制作する音楽やメディア業界はこれに反対している。オーストラリア・レコード産業協会(ARIA)のローゼン最高経営責任者(CEO)は、「商業的なオンラインサービス企業は元々、保護対象であるべきではない。セーフガードを適用すれば商業的な交渉で利用され、(コンテンツを作る側の)アーティストなどに悪影響となる」と主張している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近SNS(交流サイト…(01/27)

準備銀が早期利上げか、4QのCPI3.5%で(01/27)

日本企2社、豪で個別に水素関連事業を推進(01/27)

FMG、英のF1関連バッテリー企業を買収(01/27)

豪12月企業信頼感、オミクロン株で大幅下落(01/27)

NSW政府、屋内マスク規制を2月末まで維持(01/27)

政府がRAT追加調達、薬局は供給安定楽観視(01/27)

〔政治スポットライト〕中国系アプリ、豪政府がボイコット呼び掛け(01/27)

アドブルー国内生産増強、長期供給に懸念も(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン