• 印刷する

IT各社、政府に著作権法の保護拡大を要請

オーストラリア連邦政府がこのほど、著作権保護法の改正を行い、教育機関や図書館、障害者関連分野までセーフガードを拡大した。これを受け、米グーグルや地場IT各社は政府に対し、デジタル分野にも保護を拡大するよう求めているようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

セーフガード条項は、消費者が著作権侵害に抵触するコンテンツをアップロードした際に、そのコンテンツを提供しているサービス企業・機関を保護するもので、企業がそうしたコンテンツを消費者がアクセスできるプラットフォームから除外するための対策を取っていることが条件となる。現在はテルストラなどの通信各社は保護対象となっているが、商業的なオンラインサービス企業は含まれていない。

グーグルや米フェイスブック、地場IT各社は、消費者が作成するコンテンツを多く扱うことから、著作権保護に関する管理が難しく、政府に著作権侵害リスクからの保護を求めている。

一方で、コンテンツを制作する音楽やメディア業界はこれに反対している。オーストラリア・レコード産業協会(ARIA)のローゼン最高経営責任者(CEO)は、「商業的なオンラインサービス企業は元々、保護対象であるべきではない。セーフガードを適用すれば商業的な交渉で利用され、(コンテンツを作る側の)アーティストなどに悪影響となる」と主張している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(02/25)

豪の民間医療保険、昨年末に1万人弱が解約(02/25)

ニューカッスル港の石炭脱却、州政府が阻害(02/25)

テイクオフ:仕事が休みだったある日…(02/24)

豪2百社の6割、気候変動無策 投資家は対策を要望(02/24)

固定資産絡みの人件費控除、国税局が変更案(02/24)

肺炎で航空会社損失3兆円、アジア直撃(02/24)

豪ドル為替、世界金融危機以来の低水準(02/24)

楽天モバイル、豪通信子会社に5G技術提供(02/24)

三井物産、WA産硫酸カリの5年購入で合意(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン