IT各社、政府に著作権法の保護拡大を要請

オーストラリア連邦政府がこのほど、著作権保護法の改正を行い、教育機関や図書館、障害者関連分野までセーフガードを拡大した。これを受け、米グーグルや地場IT各社は政府に対し、デジタル分野にも保護を拡大するよう求めているようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

セーフガード条項は、消費者が著作権侵害に抵触するコンテンツをアップロードした際に、そのコンテンツを提供しているサービス企業・機関を保護するもので、企業がそうしたコンテンツを消費者がアクセスできるプラットフォームから除外するための対策を取っていることが条件となる。現在はテルストラなどの通信各社は保護対象となっているが、商業的なオンラインサービス企業は含まれていない。

グーグルや米フェイスブック、地場IT各社は、消費者が作成するコンテンツを多く扱うことから、著作権保護に関する管理が難しく、政府に著作権侵害リスクからの保護を求めている。

一方で、コンテンツを制作する音楽やメディア業界はこれに反対している。オーストラリア・レコード産業協会(ARIA)のローゼン最高経営責任者(CEO)は、「商業的なオンラインサービス企業は元々、保護対象であるべきではない。セーフガードを適用すれば商業的な交渉で利用され、(コンテンツを作る側の)アーティストなどに悪影響となる」と主張している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信商業・サービスマスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:俳優のラッセル・クロウ…(04/27)

ソニー生命、豪生保買収見送り 業務提携も7月に解消へ(04/27)

ヘルススコープに巨額の買収提案=BGH(04/27)

WA州化学プラント建設、ガス不足で頓挫も(04/27)

空港利用者数、3月は9%増の556万人(04/27)

メディケア増税を撤回、上院の賛成得られず(04/27)

「太陽光発電は秩序乱す」=AEMO幹部(04/27)

ダウナー、鉱業サービス部門を売却か(04/27)

ブラックモアズ、VIC州の製造工場を買収(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン