【第2位】自動車市場、通年で微増も新モデルに期待

インドネシアの自動車市場は2017年、販売台数が前年から微増にとどまる見通しとなった。乗用車の需要は自動車ローンの審査厳格化が足を引っ張り続けた。ただ、商用車は昨年の不調から一転して好調を維持した。また主力車種の多目的車(MPV)に新モデルが投入されたことで市場が…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末の一時帰国を前に、…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

11月の新車販売台数は12%減少=地元紙(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

ホンダ四輪、11月小売り台数は前月比5%増(12/16)

アバンザ、発売以来16年で累計180万台販売(12/16)

すてきナイス、モデルハウスの見学会実施(12/16)

第2チカンペック高速道路、暫定供用を開始(12/16)

豪のWTO敗訴、国内製紙産業「問題なし」(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン