【三井住友銀行編:香港・華南ビジネス】第4回:広東省、企業内調停制度の導入を計画 ~多発する労働争議に対応~

Q:広東省では労働争議が多発していると聞きますが、その現状及び当局対応について教えてください。 A:広東省人的資源・社会保障庁(以下「広東社保庁」)によると、近年では来料独資化や工場の内陸部移転に取り組む省内企業が増えるにつれ労働争議が急増し、2012年の争議処理件…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

入国者の隔離義務7日間に、変異株対策(15:30)

テイクオフ:中国本土との隔離なし往…(11/29)

オミクロン株封じへ厳戒 流入症例2人確認、検疫強化(11/29)

本土往来問題は「作業段階」に、第2回会議(11/29)

ワクチン車を導入、高齢者らに出張接種(11/29)

週末3日で10人感染、域内ゼロ=計1万2427人(11/29)

隔離駐在員に手当、モルガンスタンレーも(11/29)

厳しい検疫、金融センターと両立可能=当局(11/29)

急反落、ハンセン指数は2.7%安=香港株式(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン