国営石油、下流部門に来年7億米ドル投資

インドネシアの国営石油プルタミナは、来年の下流事業の設備投資に7億米ドル(約787億円)を割り当てる。液化石油ガス(LPG)の低温貯蔵施設と燃料貯蔵ターミナルの建設、突堤の拡張に充て、燃料供給網の増強を図る。7日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 7億米ドルの約3分の…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

支援船シロ・マリタイム、新船調達に63億円(21:36)

ゴジェックのQRコード決済、給油所に導入(21:43)

首都の見本市23日から、7兆ルピア取引目標(21:43)

コメ収穫量予想の精度向上要請、会計検査院(21:43)

テイクオフ:動画の人気が根強いイン…(05/22)

日系3社などと近く契約 パティンバン港、7月着工(05/22)

オンライン許認可制度、運用はさらに延期(05/22)

金利引き上げで優遇策必要、商工会議所(05/22)

ディーゼル燃料補助金に外貨準備の使用検討(05/22)

レバラン控え、レンタカー事業が好調(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン