国営石油、下流部門に来年7億米ドル投資

インドネシアの国営石油プルタミナは、来年の下流事業の設備投資に7億米ドル(約787億円)を割り当てる。液化石油ガス(LPG)の低温貯蔵施設と燃料貯蔵ターミナルの建設、突堤の拡張に充て、燃料供給網の増強を図る。7日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 7億米ドルの約3分の…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事と子育てを両立して…(01/22)

20年日系昇給率は6.6%予測 19年実績より低下=NNA調査(01/22)

新型肺炎、保健省が渡航者に注意呼び掛け(01/22)

完成車輸出、19年は21万台=トヨタ製造(01/22)

二輪タクシーの運賃改定か、大手2社は静観(01/22)

PLN、ジャワ中・西部の送電網整備を加速(01/22)

23年にフローレスで二つの首脳会議開催へ(01/22)

地場人材HRネット、インドネシアで合弁(01/22)

メイカルタ、今年の目標成約件数は25%増(01/22)

国営鉱業持ち株会社、下流事業に25兆ルピア(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン