STキネ、自律走行車の試験で米社と提携

シンガポールの防衛・航空機整備大手シンガポール・テクノロジーズ(ST)エンジニアリングの陸上輸送機器部門STキネティクスは5日、米系の計測・制御用機器大手ナショナルインスツルメンツ・シンガポール(NI)と、自律走行車(AV)やロボットソリューション向けシステムの試験で提携すると発表した。

STキネティクスはNIのセンサーやレーザー光で周囲の物体を検知する「ライダー(LIDAR)」といったハードウエア、ソフトウエアを組み合わせ、シンガポールでのAV運行に必要な条件に関する試験システムを構築する。試験の内容は、ブレーキの制動距離や障害物の回避、さまざまな道路・天候の条件下での走行性能など、機能面、安全面の双方を網羅する予定。

まずは陸上交通庁(LTA)が導入を計画する自動運転バスや、観光地セントーサ島内のオンデマンドシャトルの試験に用いる方針。さらに自律走行可能なフォークリフトやロボットなどに広げていくことも視野に入れている。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信製造一般運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京23区を少し広くし…(12/12)

18年の国内経済成長は限定的 野村「半導体好調も波及効果低く」(12/12)

山東省と貿易・投資拡大へ、上級国務相が訪中(12/12)

短期の民泊解禁で協議開始へ、利害関係者と(12/12)

HSR、1時間に4本運行=2本がシンガ直通(12/12)

自動車販売各社、指定工場の規定見直し(12/12)

シェルの工場で10日に火災、けが人なし(12/12)

日本製品扱うECサイトが始動(12/12)

共用オフィス優客工場、来年2拠点目を開業(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン