【投資の現場】第14回・2017年のミャンマーを振り返る

アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)への歴史的な政権交代から1年8カ月が経過した。現政権下で経済改革や法制改革が進み、引き続き投資対象国として外国企業からの注目度は高い。11月末には会社法が連邦議会で可決されるなど法整備が一歩前進する一方、今年…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

韓国カフェチェーン、ヤンゴン空港に1号店(17:34)

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

石油ガス鉱区の生産分与契約、条件を見直し(06/20)

日本との貿易額、4月は1.5億米ドル(06/20)

国連特使がラカイン州訪問、ロヒンギャと面会も(06/20)

スー・チー氏、73歳に=「心の平和」強調(06/20)

ヤンゴンでコメ値上がり予想、備蓄米を供給(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(06/20)

カチン人道団体、治安当局から支援中止圧力(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン