【投資の現場】第14回・2017年のミャンマーを振り返る

アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)への歴史的な政権交代から1年8カ月が経過した。現政権下で経済改革や法制改革が進み、引き続き投資対象国として外国企業からの注目度は高い。11月末には会社法が連邦議会で可決されるなど法整備が一歩前進する一方、今年…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

週明けからワクチン接種開始、印から到着(01/22)

NLD、第2次政権の主要人事リストを作成(01/22)

新型コロナの死者3000人超に=21日夜(01/22)

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

〔寄り道〕政府が連日発表する新型コロナウイルスの…(01/22)

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減(01/22)

新規のコロナ感染確認、478人=20日夜(01/22)

マンダレーの農産取引所、4カ月ぶり再開(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン