• 印刷する

テイクオフ:インド人は生き物に優し…

インド人は生き物に優しいとされる。確かにベジタリアン(菜食主義者)が多いし、街にはイヌやウシ、イノシシなどが自由気ままに闊歩(かっぽ)し、人間と微妙な距離を保ちつつ共存している。

インド人が生き物に優しいのは、「輪廻転生」の考えが浸透しているためと聞いたことがある。「自分の先祖や亡くなった知り合いなどが、イヌやウシに生まれ変わっているかもしれない」と考えると、確かにあまりぞんざいには扱えないかもしれない。

筆者が住む共同住宅ではペットの飼育が認められており、朝夕にはイヌを散歩させる姿を多くみかける。隣室でも大型犬を飼っているが、しつけはあまり行き届いてないらしく、時刻に関係なくほえ続けるのにはいささか閉口する。インド人にならって、「自分の死んだじいちゃんが話している」と思えば、すこしは我慢が…。やはり無理か。(須)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

18年の住宅販売は18%増加 主要7都市、在庫2年ぶり低水準(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

業界団体、EV普及予算2千億ルピー求める(01/18)

アショク、アーメダで電動バス50台運用へ(01/18)

シュコダ、昨年度の税引後利益は66%減(01/18)

浄水器のAOスミス、46都市へ販路拡大(01/18)

ビデオテックス、テレビ増産に5億ルピー(01/18)

地場テレビOEM、第4工場を南部に検討(01/18)

地場タイヤ原料、南部3州と工場設置を協議(01/18)

エニーペイ、印オンライン決済社に追加投資(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン