イスラエル企業、南部で乳牛牧場運営

イスラエル企業が、カンボジアで乳製品事業を計画している。南部タケオ州に広さ300ヘクタール以上の牧場を整備する。クメール・タイムズ(電子版)が27日に伝えた。

農林水産省のナオ・チョク長官によると、カンボジアを訪れていたイスラエル企業の使節団は、乳製品業界に関する市場調査を完了。事業化の第1弾として、タケオ州の牧場でベトナムから輸入する500頭の乳牛を飼育する計画を明らかにした。牧場運営後の計画についても協議を始めているという。

同長官は、国内の乳製品需要を輸入に依存している現状の改善につながると説明。「将来的には、農業先進国である同国企業の技術導入など通じ、輸出国として名乗りを上げたい」と述べた。

カンボジアでは現在、アンコール・デアリー・プロダクツがプノンペン経済特区(SEZ)で、国内唯一の乳製品工場を運営している。同社は地場BPCトレーディングとベトナム乳製品大手ビナミルクの合弁会社。原料はデンマークや米国などから輸入している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

上院選、与党が全議席獲得 対抗勢力なく、国際批判は必至(02/26)

日カンボ外交樹立65周年、安倍首相が祝辞(02/26)

対タイ貿易150億ドルへ、作業部会設置で合意(02/26)

中国語メディア、関係強化で需要拡大(02/26)

小口金融業者、担保返還を3営業日内に短縮(02/26)

汚職指数ランク、カンボジアなど下位低迷(02/26)

首相、8項目の労働者支援策を指示(02/26)

不法就労外国人、自首すれば処罰せず(02/26)

エスコーラ、今年は5億バーツで販促(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン