全業種対象の最低賃金設定、経済界は懸念

カンボジア雇用者連合(CFE)は、全業種を対象とした全国統一の法定最低賃金の制定が経済成長に与える影響に懸念を示した。労働者の保護に理解を示しつつ、企業の生産性向上にも配慮するよう政府に促している。プノンペン・ポスト(電子版)が23日に伝えた。

CFEのソク・ロア事務局長は「政府は労働者の権利だけでなく、生産性に基づいて最低賃金を決定するべき」と主張。「国民の人気取りだけを目的に政策を立案しないよう留意してほしい」と強調した。

労働省は全国統一の法定最低賃金について、年内に関連法案を閣僚評議会に提出する見通し。ただ、同事務局長は「協議内容をほぼ公表していない」と話している。

一方、労働者支援団体セントラルのモエウン・トラ理事は、労働者の生活費が上昇傾向にあることを考慮すべきと指摘。最低でも月180米ドル(約2万円)の賃金保障が必要との考えを示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

下院選の届出20政党、選管が全て認可(15:01)

銀行部門でアクレダ銀首位 17年総資産の2割、後続は追上げ(05/24)

首都空港の高架鉄道19年着工、日本側は否定(05/24)

経済成長政策の立案、首相が必要性を強調(05/24)

ネット通信、20年に都市部で完全普及(05/24)

農業技術TFP、開発物件に地域本部移転(05/24)

国籍法改正へ、法案を特別委が審議(05/24)

中国が移動式クリニック供与、まず20台(05/24)

スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン