全業種対象の最低賃金設定、経済界は懸念

カンボジア雇用者連合(CFE)は、全業種を対象とした全国統一の法定最低賃金の制定が経済成長に与える影響に懸念を示した。労働者の保護に理解を示しつつ、企業の生産性向上にも配慮するよう政府に促している。プノンペン・ポスト(電子版)が23日に伝えた。 CFEのソク・ロ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

転換期の首都コンド市場 18年は供給2.5倍、乱開発にツケ(02/21)

貿易統計作成の怠慢、関税局に問題提起(02/21)

携帯利用者数6.7%減、SIM規制が響く(02/21)

コッコン自然保護区、違法工事取り締まりへ(02/21)

シアヌークビルのホテル、18年に1千室増へ(02/21)

農業コミュニティが増加、農水省(02/21)

カンボジア・エア、年内にプノンペンー桃園線(02/21)

権力強化へ中国傾倒の色濃く 人民党5カ年計画、反政府は排除(02/20)

政府高官の優遇ビザ、独政府が発給停止検討(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン