電子たばこ、来年7月から課税対象に

インドネシアの財務省税務局は、来年7月からベイプ(VAPE)などの電子たばこを課税対象とする方針を明らかにした。21日付コンパス(電子版)などが伝えた。 同局通信・出版課のデニ課長は、財務相令『2017年第146号』に基づいて課税すると説明。規定通りだと57%の税率が課せ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

銀行が救済策、新型コロナで窮状の企業対象(21:02)

小売業界、基本食品の価格統制を要請(21:01)

テイクオフ:インドネシア・バリ島に…(03/31)

テイクオフ:学齢期の子どもを帯同し…(03/31)

首都、中央政府にロックダウンの許可を要請(03/31)

東南アジアも入国拒否検討、日本政府(03/31)

カイコウカイが今日から休診、感染防止で(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン