• 印刷する

BS6向け燃料、首都の導入時期を2年前倒し

インドの石油・天然ガス省は15日、2020年4月に全国で導入が予定されている排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)6」(欧州のユーロ6に相当)向けの燃料について、首都ニューデリーでの導入を2年前倒しして、18年4月からとする方針を明らかにした。現在、燃料メーカーなどと協議を進めている。19年4月には近隣州を含むデリー首都圏(NCR)でもBS6向け燃料を導入する意向だ。

インド国内の現在の排ガス基準はBS4で、20年4月にはBS5を経ずに一気にBS6に引き上げることになっている。石油・天然ガス省は、「国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)での合意に基づき、排ガスの抑制や燃費効率の改善を進めているが、ニューデリーでの大気汚染の深刻な悪化を受けて、取り組みをさらに早めることにした」と説明した。

インドの非政府組織(NGO)科学環境センター(CSE)は、「BS6の導入によって、排ガスに含まれる硫黄の排出量が5分の1に減少するなど、大気汚染が大きく改善する」とコメント。「インド政府は、国民のために先見的かつ責任あるリーダーシップを発揮している」と評価した。

インド自動車工業会(SIAM)のアブハイ・フィロディア会長は同日、「BS6向け燃料の導入の前倒しによって、ニューデリーなどでBS6対応モデルの試験走行や実証がしやすくなる。20年4月を目標にした全国導入にも弾みがつく」とのコメントを発表。石油・天然ガス省の方針を歓迎する意向を示した。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車化学天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】医療業務のデジタル化需要狙う ユビー、ポストコロナ見据え(15:01)

ウルトラテック、増産に548億ルピー投資へ(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

プラスチック業界、原材料高騰で規制要請(12/04)

筆記具業界、需要減と税制混乱で二重苦(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

地場物流オム、プネに新たな倉庫施設を設置(12/04)

石油公社、AP州で169億ルピーの投資計画(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン