フィンテックで3カ国・地域と協業、金融管理庁

シンガポールはフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)の発展に向け、世界各国との連携を推し進める。中央銀行に当たる金融管理庁(MAS)は14日、香港、カナダ、タイの3カ国・地域とそれぞれ協業すると発表した。

香港金融管理局とは共同で、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った貿易金融の越境プラットフォーム「グローバル・トレード・コネクティビティ―・ネットワーク(GTCN)」を立ち上げる。GTCNは貿易金融関連の電子書類やデータの国境を越えたシームレスなやりとりを可能にするオープンプラットフォームで、まずはシンガポール・香港間の貿易を対象に取り扱う。順調に行けば、2019年初めに稼働する見通しだ。

カナダ銀行(中央銀行)とはブロックチェーン技術を活用した越境決済で協業。タイ中央銀行(BOT)とは、シンガポールの送金システム「ペイナウ」とタイの「プロンプトペイ」を連携させることで合意した。これらは相手の携帯電話番号などを使って受取人に送金を行うことができるもので、互いの国の送金相手に簡単かつ安全に送金できるようになる。


関連国・地域: 香港タイシンガポールカナダ
関連業種: IT・通信金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

25年には小切手ゼロ社会に 政府、電子決済の普及促進で(06/22)

日東電工、海水淡水化施設の逆浸透膜を受注(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マイリパブリック、携帯サービスを本格開始(06/22)

デジタル競争力ランク、世界2位に後退(06/22)

米エクソン、新たな2つの生産設備を稼働(06/22)

西部LRT、7月から日曜日の営業再開(06/22)

マイスクエア、携帯決済マイペイを買収(06/22)

上半期にM&A活発化、前年同期比19%増(06/22)

STエンジ、無人車セキュリティーで提携(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン