テイクオフ:経済記事で使われる英単…

経済記事で使われる英単語は時代を映す鏡のようだ。ここ1年で頭角を表したのは「Disruption」。政治家から企業幹部、経済学者が使っている。意味は「破壊」「混乱」「既存システムの概念を丸ごと覆す創造的な破壊」だろうか。

インドでは、1年前に始まった紙幣刷新でこの単語が多用された。金額ベースで通貨全体の9割近くが紙切れになった「奇策」は世間に衝撃を与えた。7月に導入された物品・サービス税(GST)前後も、Disruptionがさまざまな文脈で使われた。

ここ最近は、「Effect」の注目度が高まっている。米アマゾン・コムや中国の阿里巴巴集団(アリババ)が経済に与える影響を表す際に用いられている。日本では国会ではやった「忖度(そんたく)」が経済記事でも使われるようになった。ただし、この単語は英訳しにくいらしい。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアインディア民営化、100%放出も検討(14:42)

紙幣流通額、刷新前の水準に(14:31)

住商がグルガオンで分譲住宅 日系初、総事業費は20億ドル(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

BS4適合車、登録は20年6月末まで(02/23)

起亜自動車、インド工場の初出荷は19年3月(02/23)

シュコダが3月から値上げ、関税引き上げで(02/23)

ペトロナス、印向けにLNG初供給(02/23)

M&M子会社の双竜自、赤字に再転落(02/23)

タタ、自動車部品部門を売却へ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン