テイクオフ:経済記事で使われる英単…

経済記事で使われる英単語は時代を映す鏡のようだ。ここ1年で頭角を表したのは「Disruption」。政治家から企業幹部、経済学者が使っている。意味は「破壊」「混乱」「既存システムの概念を丸ごと覆す創造的な破壊」だろうか。

インドでは、1年前に始まった紙幣刷新でこの単語が多用された。金額ベースで通貨全体の9割近くが紙切れになった「奇策」は世間に衝撃を与えた。7月に導入された物品・サービス税(GST)前後も、Disruptionがさまざまな文脈で使われた。

ここ最近は、「Effect」の注目度が高まっている。米アマゾン・コムや中国の阿里巴巴集団(アリババ)が経済に与える影響を表す際に用いられている。日本では国会ではやった「忖度(そんたく)」が経済記事でも使われるようになった。ただし、この単語は英訳しにくいらしい。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン