• 印刷する

MRT3号線の保守、住商など外資3社候補

フィリピンの運輸省は7日、韓国系プサン・ユニバーサル・レール(BURI)との契約を解除したマニラ首都圏のMRT(高架鉄道)3号線の保守事業に、住友商事と三菱重工業の連合など外資3社が関心を表明していると明らかにした。来年2月までに入札を実施する計画だ。

地元紙マラヤによると、運輸省のイェブラ次官(法務・調達担当)が、住商と三菱重工グループの連合、シンガポールの公共交通運営大手SMRT、パリ地下鉄を運営するパリ交通公団(RATP)の3社を挙げた。

同省は6日、業務の不備を理由に、BURIと結んでいたMRT3号線(ケソン市ノース・アベニュー―パサイ市タフト・アベニュー、総延長16.9キロメートル)の保守契約を正式に解除したと発表。政府調達改革法に基づき、保守の体制を早急に確保する必要があるとの認識から、3~6カ月以内にBURIの代替となる業者を決定する意向だ。

報道を受けて住商の担当者は8日、NNAに対し「現時点でコメントできることはない」と述べた。

1999年に開通したMRT3号線は、住商と三菱重工などが建設に携わった。保守業務は、2社が開業当初から12年10月まで担当。その後は地場企業が手掛け、16年からは韓国の釜山交通公社など5社が設立したBURIが担当していた。


関連国・地域: シンガポールフィリピン日本欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/14)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12/14)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン