• 印刷する

SIM購入時に生体情報登録、来月15日から

タイ国家放送通信委員会(NBTC)のタコン事務局長は6日、来月15日から新たに携帯電話のSIMカードを購入する際に生体情報の登録を義務付けると発表した。携帯電話を利用した銀行取引の安全性向上などが目的。7日付バンコクポストなどが報じた。

プリペイド(前払い)、ポストペイド(後払い)ともに生体情報登録が必要になる。来月15日より前に購入したSIMカードは登録が免除される。

登録するのは指紋か顔の情報。SIMカードを購入する際に、IDカードの情報とともに各販売店に設置された端末で登録する。来月15日までに全国5万5,000カ所に生体情報登録の端末が設置される見通し。

NBTCは先に、深南部3県(ヤラー、パッタニ、ナラティワート)に25台、バンコクに5台の指紋登録端末を設置したが、これまでの登録件数は2,000件にとどまっている。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:盆休みを迎えた日本では…(08/11)

電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

パワーライン、内務省の新庁舎建設を落札(08/11)

財務局、年内に東部の高齢者住宅販売開始へ(08/11)

マツダ販社プラナコン、首都北部に3店目(08/11)

財閥CP、香港のオークションサイト買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン