• 印刷する

MRT3号線の保守契約、正式に打ち切り

フィリピンの運輸省は6日、韓国系プサン・ユニバーサル・レール(BURI)と結んでいた、マニラ首都圏のMRT(高架鉄道)3号線(ケソン市ノース・アベニュー―パサイ市タフト・アベニュー、総延長16.9キロメートル)の保守契約を正式に打ち切ったと発表した。BURIには、先月17日に契約解除の意向を伝えたものの、その後も状況が改善されず、解除に踏み切った。地元各紙(電子版)が伝えた。

トゥガデ運輸相は声明で、「BURIの基準以下のサービスが、乗客に与える不利益を見過ごすわけにはいかない」と強調した。MRT3号線では、5日午前に北行き列車がアラネタ・センター・クバオ駅を出てすぐに車両1台から出火。車内が煙に包まれるトラブルが発生したほか、6日午前にも3件の技術的問題が発生していた。

同省は先月、BURIに契約解除を通知し、◇業務の不備◇効率的で信頼性の高い車両を、契約で求められる台数運行できなかったこと◇車両やその他のスペア部品を計画通り調達できなかったこと◇契約通りコンピューター化した維持管理システムを導入できなかったこと――を理由に挙げていた。保守契約には、車両43台のオーバーホール、信号システムの全交換などが含まれ、契約額は38億ペソ(約84億6,000万円)、期間は2016年1月からの3年間だった。

MRT3号線の保守業務は、次の契約業者が決まるまで、フィリピン国有鉄道(PNR)と軽量高架鉄道庁(LRTA)による技術支援の下、移行チームとBURIの技術職員が暫定的に行う。


関連国・地域: 韓国フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(19:44)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(19:19)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(19:19)

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン