スターハブ、7~9月期は12%減益

シンガポールの通信大手スターハブが2日発表した第3四半期(7~9月)決算は、純利益が前年同期比11.5%減の7,620万Sドル(約63億6,800万円)だった。売上高は0.8%減の5億8,040万Sドル。主力の携帯通信サービスや有料テレビなどが不振だった。 部門別の売上高は、全体の5…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラクシュミ銀、27日からDBS銀として営業(15:55)

格安スクート、機内サービスをデジタル化(17:18)

QSのアジア大学ランク、NUSが首位維持(17:12)

ANA、12月に成田―シンガポール線を増便(16:42)

明治屋、ミレニアウォークに旗艦店オープン(16:35)

低・中間所得層の収入拡大=財務省報告(15:57)

テイクオフ:北部リムチューカンは農…(11/26)

東南アジアの商用化で先行 国内発のコロナワクチン(下)(11/26)

貸切バス業者のデジタル化、陸上庁が支援(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン